スマートビークル

国産全メーカー車種対応

コスモ石油のカーリース・コスモスマートビークルってご存じですか?
僕は全く知らなかったんだけど要領の良い人はとっくに利用して格安で新車に乗っているようです(・∀・)

 

スマートビークル,デメリット,評判

>>このサービスです。

 

 

僕がコスモスマートビークルを知ったのは高校の同級生からの情報でした。

 

同級生は近所に住んでいるんですが、高校卒業してからは話す機会がないけど、いつも立派な車種の新車に乗っているなぁって思ってたんです。
だって、車検するかしないかくらいの期間で車種が変わるんですよ!どんだけお金稼いでるんだってほどです(^_^;)

 

で、この前タイミングよくクルマに乗るときに鉢合わせした時に聞いたんです。
そしたら、新車を購入してるんじゃなくてカーシェアというかリースしてるんだって(・∀・)
中古車をローンで買うより全然安いよって♪その仕組がスマートビークルだったんです。

 

よく聞くとスマートビークルって頭金なしで新車の乗れるし、車検やメンテナンス代も込みだから維持費って他にかかりません。
僕は丁度愛車が10年選手だったし車検時期だったんで友達に紹介してもらって燃費の良いトヨタプリウスに乗り換えましたよ♪
もちろんコスモスマートビークルを初利用です。

 

メリットデメリット比較

どんなサービスにもメリットデメリットって存在しています。
メリットしかない!なんてサービスはありえませんからね。メリットしかなかったら消費者だけ得することになるので業者はサービス提供し知恵る意味ないですから。

 

ということでスマートビークルのメリットデメリットを簡単に書いてみましたので参考にしてみてください。

 

メリット

車検と税金、修理代などのメンテナンス料金がすべて込み
スマートビークルには3つのパックがあって、最上級のゴールドパックの場合には上のサービスが付きます。
車検代と自動車税のほかにもオイル交換やタイヤ交換、バッテリー交換などのメンテナンスまですべて込みの料金なので、余計な出費が出ません。

 

支払いは月々定額
月々定額の支払いだから、車検代をよけいに貯金しておこうとか、考える必要がないのでわかりやすいです。
車にかかる維持費がほぼ0円になるんですよね。

 

デメリット

事故を起こすと価値が下がる
これはスマートビークルじゃなくても同じことですよね?
ローンで中古車を買っても事故を起こせばその車の価値は下がります。

 

そして、事故を起こした時には自腹で修理しないとダメになります。
そのために任意保険だけは自分で掛けておかなければなりません。
もしものために車両保険にも入っていたほうがいいと思いますよ。

 

 

これらをまとめてみると

  1. 近所のコスモ石油のガソリンスタンドがある
  2. 事故を起こさない自信がある
  3. 月間走行距離数が少ない(1000キロ未満とか)
  4. 契約期間中は同じ車に乗ることに自信がある

以上、この4つに該当するならスマートビークルはおすすめかと思いますよ。
スマートビークルは長期レンタルしているというイメージが一番わかりやすいのかもしれません。

 

賢いカーリース

スマートビークル,デメリット,評判

僕は車の免許をとってからずっと中古車しか乗ったことがなくて、いつかお金がたまったら新車に乗ってみたいと思ってたんですよね。
でもこのご時世…会社の給料やボーナスも減るし、ガソリン代は値上がりしてくるし、スマホ代も大きいので新車はほぼ諦めてたんです(T_T)

 

でもスマートビークルを知ってこんなにも簡単に安く新車のステアリングを握ることになるとはほんの数カ月前までは信じられませんでした。
安いといえば自動車税もリース料金に含まれているから実際に本当に安いです♪
ガソリンもコスモ石油系列のガソリンスタンドで入れると安くなるし、なんか嬉しくなるくらいに節約なってます^^

 

ただスマートビークルにはデメリットも確かにあって任意の自動車保険は料金に含まれてないので自分で安いところを探して入ることになります。全て込みではないということですね(^_^;)
あとは事故を起こした時の修理代も自分持ちになります。とはいっても任意保険に入っていれば多分車両保険も入るだろうから保険会社が支払うことになるだろうけどね。もちろん任意保険に入っていなければ自腹ですね。

 

あとはカーリースなんで所有者は自分じゃなくてリース会社になります。だから新車をレンタルしていると思えばメリットにもなります♪
リースの支払いが終わってどうしてもその車種に乗り続けたいという場合は買い取ることもできますが、ちょっと高くつくようですからそれはオススメできませんね。

 

まずはローンとリースの違いを料金的な角度から比較してみるとだいぶ安いのでびっくりしますよ。
5項目くらいチェックするだけですぐに比較できるので便利ですよ♪
国内全車種リースできるサービスはスマートビークルだけですから。。

 

>>ローンとのシュミレーションはこちら

 

気になる質問

例えばホンダのNBOXをゴールドパックで申し込んだ場合

ホンダのNBOXって軽自動車の中でも人気車種ですよね。
もしホンダのNBOXをスマートビークルのゴールドパックで契約した場合にどのくらいに支払いになるのかシミュレーションしてみました。

 

シミュレーションしたのはNBOXの2WDでカーナビなしでバックカメラなしの60回払い。
定価だと車両本体価格120万円前後します。

 

月間走行距離数は1000km未満とします。
そうなるとフルメンテナンスのゴールドパックだと月々27,972円×60回=1,678,320円になります。
プラス任意保険ですね。自動車保険は自分が支払うことなります。もちろん車両保険は入ったほうがいいです。

 

スマートビークルのゴールドパックとは税金やメンテナンスがすべて入っているパックです。
ガソリンもリッター5円安いし、メンテナンスはタイヤ交換、バッテリー交換、ワイパーやブレーキパッドなどの消耗品すべて含まれるので自己負担になるのは自動車保険くらいですよね。

 

車を買うと車検とか修理代、ガソリン代、自動車税と維持費が次から次へとかかってくるんですよね。
それがスマートビークルだと月々の支払いが決っているので今後のお金の動きが把握しやすいのがメリットですよね。
貯金の目安にもなります。車のことで予定外の出費というのがなくなるわけですから。
ここが一番のスマートビークルのメリットになるのかなと思います。

残クレとどっちがメリットあるのか?

残価設定型クレジット(残クレ)は完全リースになりますよね。
残クレは所有権は信販会社になるので最終的に自分の車になることはないんです。
そこが残クレのデメリット。

 

ただ走行距離数が少なくて、それで新車に安く乗り続けたいというのであれば残クレもメリットある人もいるかもしれません。
まとまったお金が無いけど、新車に乗りたいという人には残クレはおすすめかも。

 

ただ最終的に支払う金額は普通のローン購入したときより高くなる可能性はありますよね。

 

ちなみにスマートビークルはプラン次第では自分の所有にできます。